深礎工事

深礎工法(しんそこうほう)とは建物重量を地中の支持層に伝達する役目を担う杭を地中深く施工する杭工法の一種。現在施工されている場所打ち杭の中では最も歴史が古く、掘削は人力または機械により行いつつ、鋼製波板とリング枠(主にライナープレート)で土留めを行う。孔内で鉄筋を組立て、土留め材を取り外しながらコンクリートを打設し杭を形成する。

渋谷駅改良工事埼京線切り替えに伴う国道246号線橋脚小判形深礎杭工事

湘南保線所管内電柱基礎工事

東横イン大月駅前新築基礎工事

新幹線に関連した深礎工事